MENU

ちゅらりもは安全?成分効果と副作用の危険性を徹底解析!

 

この記事ではちゅらりもの副作用について解説します。

 

ちゅらりもに含まれている成分の効果と、その副作用危険度を一覧でまとめてみました。

 

結論から言うと、ちゅらりもは非常に安全性の高い除毛クリームです!

 

ちゅらりもの全成分が気になっている人はこの記事を、安心して肌に濡れる除毛クリームを探している人はちゅらりも公式サイトをチェックしましょう!

 

 

成分名 効果 副作用の危険性
チオグリコール酸カルシウム 毛のタンパク質を溶かすアルカリ性成分なので、除毛効果があります。
グリチルリチン酸2K 強力な消炎作用があり、急性および慢性の皮膚炎に対して著しい効果があります。
サクラ葉抽出液 ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用や、過酸化脂質抑制による抗酸化作用があります。
大豆エキス 高濃度のイソフラボンを含んでいます。表皮の細胞活性化や、強いメラニン生成抑制効果があります。
アロエエキス-2 保湿効果や美白効果などのある成分です。肌を紫外線から守ってくれる効果があるので、肌を健やかにします。
カッコンエキス 保湿、透明感に優れた働きがあります。また高いコラーゲン産生促進作用があります。
クロレラエキス 保湿効果、細胞の働きを活性化させる効果に優れているので、乾燥から肌を守りシミやシワなどを防ぎます。
尿素 軽度の殺菌作用があり、角質の柔軟および保湿効果があります。また毛髪の膨潤性を向上させます。
流動パラフィン 酸化することなく、乳化しやすい性質を活かして保護剤、親油性増粘剤などに使用されています。
セタノール 肌なじみがよく、強力な皮膜をつくって水分蒸発を防ぐエモリエント効果が高い成分です。
POE(6)ステアリルエーテル 親水性で乳化力と安定性に優れているため、様々な製品に使用されます。
POE(20)セチルエーテル 耐酸性および耐アルカリ性に優れ、非イオン界面活性剤の中でも安定性が高いです。
POE(30)オレイルエーテル 親水性で乳化力と安定性に優れているため、様々な製品に使用されます。
POE(40)セチルエーテル 耐酸性および耐アルカリ性に優れ、非イオン界面活性剤の中でも安定性が高いです。
ステアリルアルコール 皮膚を保護しなめらかにする作用をもち、温和でべとつかない光沢を与えます。
ラウリルアルコール 強力な乳化作用があり、酸、アルカリ、加水分解に対して影響を受けにくい安定な界面活性剤です。
オレイン酸ソルビタン 水と油を混ざった状態にしておくことができるW/O型乳化剤としてや、分散剤とし使用されています。
ミリストイルメチルタウリンNa 泡立ちがキメ細かく、脱脂力も適度にあり、ツッパリ感もない成分です。
炭酸Na 酸との作用は水酸化ナトリウムに似ていますが性質は水酸化ナトリウムよりも穏やかで、取扱いやすいです。
水酸化Na アルカリ中和タイプの高分子と反応させて増粘させ、乳化の安定性を高めるために配合されています。
ヒドロキシエタンジホスホン酸液 キレート剤やPH調整剤、粘度調整剤、乳化剤、酸化防止剤などに使用されています。
BG 天然物ではないが、グリセリンより低害です。優れた保湿力があり、ベタつくことなく肌をしっとりさせます。
メチルパラベン 水に0.25%まで溶け、非常に広範囲の微生物に殺菌力をもっている防腐剤です。
精製水 肌への浸透力が普通の水よりよく、不純物が含まれていないので敏感肌でも使用できます。
香料 化粧品の原料のにおいを覆い隠し、心地よく使用できる芳香効果や、リラックス効果などがあります。

 


ちゅらりもに含まれている成分効果とその副作用危険度を一覧でまとめました。

 

ちゅらりもを使用したいと願う人たちの中には、敏感肌の人もいることでしょう。

 

上記の表を確認してみると、含まれる成分に危険そうなものは見当たりませんね。

 

ちゅらりもに対する口コミを確認してみても、使用による肌荒れなどの報告は、ほとんど見つかりませんでした。

 

敏感肌の方も、安心して使用することが出来そうです。

 

敏感肌でお悩みの方でも、安心して使える除毛クリームをお探しの方は、ちゅらりもを試してみて下さいね!